「神の雫」掲載から人気が後を絶たない  シャトー モン・ペラ 2006

10月15日 待望のシャトー モン・ペラ 2006が入荷♪

揺られて来ていましたが、到着後直ぐに抜栓し試飲。
アロマは少々2005年ヴィンテージより劣りますが、味わいに大きな変化が出ているのを感じます。
モン・ペラは「神の雫」掲載後パワフルさが徐々に繊細さに変化してきていると感じていましたが、この06もやはり繊細さが全面に押し出ています。非常にチェリーの果実味が強く感じられます。
このワインの02や03に感じた「力強さ」は影を潜めてしまっているようです。抜栓後の強烈なアロマも少々細い気がしました。
しかし、味わいには赤と黒のチェリーを混ぜたようなニュアンスが今までのモンペラよりもジューシーさを醸し出しています
アフターにはクランベリーのような果実味と、タンニンはどちらかといえば優しく、滑らかで円やか。鉄のニュアンスやスパイスのニュアンスも感じ取れます。
ポムロール地方に良く感じられる滑らかさも持っていて、出来は良いと思います。2~3日掛けて試飲していきますが、味わいの変化は十二分に楽しめそうです。
また、今回のヴィンテージは、長期熟成に耐えられる造りになっているような気がします

日本に届いたばかりです。少し寝かせてあげたほうが良いでしょう。

ワインはこちらに